鼓動集鑑賞1句d

俳句と鑑賞(馬嵐)
          
2017年11月号より

夜風身に添ひつ虫の音高まり来 =敏子=

秋の夜のひと時を、体に感じる涼しい風と、高まり来る虫の音で表現されている。この一瞬の以前にはどのような日常があったのか。この一瞬の後には、何が待っているのか。そんな事とは関係なく、この瞬間の皮膚に感じる風と、耳に聞える虫の音のみを句に表現している。


 前月以前のバックナンバー

5月の花 菖蒲 大仙公園 日本庭園


  ページTOPへ戻る